最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/03/27 (Wed) 23:26
ソノノチノチ ワークショップのお知らせ

ソノノチノチのワークショップ開催のお知らせです。

3/31(日) 11:00~14:00
松原京極商店街・花祭にてソノノチノチのワークショップを開催します。

ソノノチノチの看板商品のガーゼハンカチのハンコバージョンを
オリジナルの柄で作って頂くことができます!!
材料はすべてご用意させて頂きますので、どなたでもお気軽にご参加頂けます!!

3/23,24に開催された京都アートフリーマーケットのブースでも沢山の方にご参加頂きました!!
お子様から大人の方まで、みなさんに楽しんで頂ける内容となっています。


◆所要時間 15~30分程度
(決まった開催時間はありません。お越し頂いた方からご案内させて頂きます。)

◆参加費 1枚500円(2枚目からは400円)


是非、世界にひとつの素敵なハンカチを作りにお越しください!!
スポンサーサイト

2012/11/29 (Thu) 21:16
「ソノノチノチ」出店情報!

IMG_6876.jpg

こんばんは!
夜の寒さに、冬がやってきたんだなぁと感じている ひろせです。

季節の移り変わりと同じように、
先週の日曜日、ロングラン公演「Tea for Two」も無事全ステージが終了いたしました!
喫茶西山へご来店くださったみなさま、この公演に関わってくださったみなさま、
ほんとうに、ありがとうございました!


その、喫茶西山の2階でお店をしていた
劇団ソノノチ物販部「ソノノチノチ」が、手作り市に出店します。
詳細はこちら↓

「ものづくりART town」@京都市役所前広場
2012.12.2(日) 10:00〜16:00
http://monocro.info

このイベントに出店するのは、今回で2回目。
アクセスもよく、街をみる足でふら~と立ち寄れるので好きな手作り市です。
京都の街中にたくさんの手作り雑貨やアート作品が並びますょ。

「ソノノチノチ」は、お馴染みの手刺繍雑貨やスタンプハンカチ、ステッカーやポストカードなどなどを並べて出店します。カラフルな看板が目印です!

今回はどんな出会いがあるのか、
日曜日を楽しみにしています。

2012/11/18 (Sun) 01:30
完売御礼!!

11/6より開始しましたロングラン公演、劇団ソノノチ+トランポリンショップ「Tea for Two」
おかげさまで劇団ソノノチの公演のチケットはソールドアウトとなりました!!

沢山のお問い合わせ、誠にありがとうございました!!

なんだか今まですごくあっという間でしたが、
明日からのステージも全力で参ります!!

今後のチケット予約につきましてはキャンセル待ちとなります。
お問い合わせは下記のアドレスまで宜しくお願い致します。

teafortwo24tea@gmail.com

2012/11/07 (Wed) 12:43
はじまりました

ついに、幕をあけました
「Tea for Two」

昨日はトランポリンショップさんの初日でした。
私もゲネ(本番前の本番)を拝見させていただいたのですが、
ソノノチの2チームとはまた全然違ったものがそこに出来上がっていてとっても楽しませていただきました。
チケットも完売されたようで、おもしろいので是非!とここでは言えないのですが...笑
ソノノチのチケットはまだ少しありますので、是非!!


そんな今日は、ソノノチAチームの初日です!
阿部潤(イッパイアンテナ)
小林まゆみ(KAIKA劇団会華*開可)
中谷和代
の3人がお届けします。

2チームに構成された今回。
稽古は基本役者6人参加ですすめてきました。
なので、Bチームの私は今日は現場にはいませんが
気持ちはそこに。そんな気持ちです。



あぶさん(阿部)のすてきさと
Mコバ(小林)のすてきさと
カズ(中谷)のすてきさがひとつになって......

わたしも楽しみです。




あいこ


2012/11/06 (Tue) 08:12
ここにタイトル、戸板に個々

こんにちは、津久井です。

前回の公演「ものがたりの書き物」に引き続き演奏で参加しています。

初めての方に簡単な自己紹介をします。

津久井道夫
1987年1月27日生まれ

琵琶湖のほとりの街から来ました。
しょっぱい海水には未だに慣れません。

好きな色は緑です。

普段はベースを弾いていますが、今回はギターを弾きます。

どうぞよろしくお願いします。



とうとう11月になりました。
紅葉深まるなかでの公演です。

今回の公演タイトルになっているTea for Twoは、ジャズの曲名から取られているそうです。

元々は No No Nanette というミュージカルの劇中歌で、映画化された時にはタイトルにもなっています。

邦題は「二人でお茶を」

最後の「を」がにくいですね。憎まれ役です。



他にもジャズの曲名には素敵な邦題がついているものがあります。


君は私のものと言ってくれた日からすべてが変わってしまったよ、と歌う What A Difference A Day Made

邦題は「縁は異なもの」

味なものですね。



外に出て月を見上げれば落ち込んだ気分も良くなるよ、と歌う Get Out And Get Under The Moon

邦題は「月光価千金」

必殺技みたいですね。
中国北宋代の詩が元だそうです。



訳者の造詣の深さが窺い知れる邦題がある一方で、単刀直入にスパッと言い切ってしまう邦題もあります。


秋の別れを歌う Autumn Leaves

邦題もズバリ「枯葉」

潔いですね。
「赤いモミジ」でなくてよかった。



今回演奏する曲目の中に季節の曲を入れようと思い、最初は「枯葉」にしようかと考えていたのですが、最終的に別の曲にしました。

秋もこれから深まっていくところですからね。

何の曲になったかは、公演でのお楽しみに。


| ホーム |

 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。