最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/09/29 (Mon) 21:29
企画書

京都芸術センター制作室
使用者の公募に応募しています。

ようやく企画書制作も一段落です。

関わって下さった皆さん、
お疲れ様でした。

通るといいな書類審査!!


今、部屋に作業用のテーブルが
ないので、先日も椅子の上にノート
パソコンを置いてたったかたったかと
企画書を作っていたら、とうとう
慢性的な肩こりに襲われ始めました。
この無理な体勢を何とかして欲しい…!

企画書は、
「伝えること」「アピールすること」
せめぎあいです。
一定の要領は踏まないといけないし、
けれどオリジナリティが無いと興味を
引かれない。

もし、企画書に頭を悩ませてらっしゃる
方は、このサイトが参考になりますよ。
お勧めです。↓

◇fringe(フリンジ)
http://fringe.jp/knowledge/k003.html

さあて、そろそろ脚本に手を入れ
なければ。
意欲的に創造活動したいものです。

長い間放置プレイでごめんね(笑)



カズ
スポンサーサイト

テーマ : 演劇・劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2008/09/22 (Mon) 01:12
本番前のきもち

後輩から電話がかかってきました。
大学の劇団の後輩です。

嬉しい報告も含めつつ、いろんな話を
したんですが、彼女は平田オリザさんの
舞台を見に行って、何とも感動したそうです。

その、気張らない演技とか
自然な心地とかに。


青年団web site
第55回公演 「火宅か修羅か」
http://www.seinendan.org/jpn/info/index.html

私自身は平田オリザさんの脚本の
お芝居は、まだテレビでしか観たことが
ないので、興味深くもありました。

「お芝居って心構えをもって観に行かな
ければならないのがしんどいんです。
この公演はそれがなかったのが、よかった。」
これも印象的な台詞でした。

舞台が開演する前って、皆さんどんな
ことを考えますか?
私は確かに居心地の悪さみたいなのを
感じることが正直あります。

自分が観客だったら、これから起こる
非現実や、物語にわくわく、エキサイ
ティングな気持ちも勿論ありますが、

時間が来ると、役者は機械的というように
舞台の上に引っ張り上げられます。
その皮肉な感じ、淡々とやってくる時間が
もどかしいと言うか、うーん。
上手く書けないのですが
妙に、そわそわしてしまいます。

そして自分が演者だったら。
きっと、これまで長い時間かけて稽古して
たものが消化され、答えが出る瞬間を迎える
儚さや寂しさを、どこかで感じているのだと
思います。

やってくれば、なかなか切ないものでも
あるんです。

本番っていうのは。


カズ

テーマ : 演劇・劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2008/09/18 (Thu) 23:45
製作の壁!

ソノノチロゴマークを、現在制作中です。

ロゴマークは何と言っても、その集団の
ブランドイメージを形作る大切な役割を
しているので、決して手は抜けません。

あがってきたデザインを見せてもらいつつ
ああだこうだ言っている内に、興味深い
サイトを見つけたので、ご紹介します。

◇ロゴ作成専門の ビズアップ
http://www.biz-up.biz/

ロゴマークを専門にデザインしている
企業です。
ロゴマークは本当に必要か?」
という記事があるんですが、これを
是非読んでみて下さい。
ほほう、と声があがります。


さて。
急遽、今月末に企画書等々
書類をあげなくてはならなくなり
制作の子(劇団の左腕)と二人で
ひきこもらせて頂きます。

これも制作室と稽古場を確保する為
なんですよ。

学生劇団の時と何より違うのは、環境を
自分で探さなければならないことです。
大学の頃は、いろんなもの(主に時間と環境)
をお金で買ってたんだなあと、そんな事に
気付かせてくれる瞬間です。

そういう訳で、今後しばらくはブログも
のんびり更新になりますが、皆様どうか
見放さないで、引き続き応援してやって
下さい。

切に、宜しくお願いします。

求む、制作スタッフ+専属ブロガー!(笑)



カズ

テーマ : 演劇・劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2008/09/17 (Wed) 20:38
観劇日記「ハカラズモ」@京都芸術センター

私は現在名古屋に住んで居るんですが
先日、京都に帰ったのでソノノチのメンバーと
京都芸術センターで芝居を観てきました。

◇京都芸術センター舞台芸術賞2007受賞者公演
dracom(ドラカンと読むそうです)
「ハカラズモ」
http://www.kac.or.jp//theatre/dracom2008_hakarazumo.html

舞台は講堂に、テニスコートのような広い
コートがあり、そこに数個のベンチと、審判席
があるだけの、シンプルな舞台。
中央には映像がプロジェクションされている幕。

スポーツ憲章やルールというものに
縛られながら不器用に生きていく人間の
様々なシーンを切り取り、自由な演出で、
不思議な演技空間を作り出していました。

殆ど身体表現に近いですがダンスではなく
演劇を観たという感覚が残りました。
演出の方も、それを意図してらっしゃった
そうです。

スピーカーから流れる台詞と、役者さんの
演技がずれて、追いついて、またずれる。
観客に何か新しい感覚と予感を生む、
そんな舞台だったと思います。

アフタートークに、維新派の松本雄吉
さんがいらしてました。お話が聞けて
とても光栄でした。

「演劇は知の享楽だと僕は思うんですよ」
彼の哲学を見た瞬間でした。


カズ

テーマ : 演劇・劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2008/09/15 (Mon) 23:23
ティーザー広告公開!

いつもご覧頂きありがとうございます。

先日、劇団のウェブサイトプロジェクトが
立ち上がりました。
いよいよ本格始動で制作現場も勢い
付いておりますよ!

まずは、2009年2月頃の公式オープンに先駆けて、
旗揚げ公演のティーザー広告を公開しました。
http://sononochi.web.fc2.com/

◇ちょこっと解説 「ティーザー広告とは」
発売前の新製品に関する断片的な情報
のみを公開し、閲覧者の興味を引くことを
意図したプロモーション用Webサイト。
ティーザー広告とも呼ばれる。
情報を小出しにし詳細を隠して、閲覧者を
焦らす(tease)ことで新製品への好奇心や
興味を喚起することを目的としている。
IT用語辞典 e-Wordsより)


演劇は製品ではないですが・・・ね(笑)

テーマ : 演劇・劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2008/09/07 (Sun) 21:12
役者を募集しています

役者を募集!!
あなたがいれば、ソノノチの演劇はカタチになる


劇団ソノノチでは現在、次回公演のための役者を募集しています。

■募集要項■
・2009年9月20~23日、京都または大阪での公演当日、また、それまでの稽古に参加できる方
・女性2名、男性1名、年齢は20代の方が望ましい
・役者経験は問いません。
・稽古は公演が近づくまでは週に1~2回、公演が近づくと週3~4回、場所は京都、滋賀を予定


■選考方法■
簡単なオーディション、面談にて選考します。

オーディションに参加してみたい方、メールにてご連絡ください。
(メールの件名に「オーディション参加希望」とお書きください。)詳しくご案内いたします。
その他、質問等ございましたらお気軽にご連絡ください。

※募集は10月14日までとさせていただきます。


sononochi★yahoo.co.jp(★を@にかえてください)
担当:劇団ソノノチ 制作部



2008/09/06 (Sat) 22:21
ウェブサイトができるまでは、こちらでお付き合い下さい

さてさて、少しずつ涼しくなってきましたが。

季節の変わり目は体調を崩しやすいので
気をつけていきたいですね。
私もそろそろ自炊ちゃんとします。

さて、来週日曜日、役者さんの
第一回オーディションが決定しています。
いよいよ本格的に始まっていきますよ!

この劇団についても、随時詳しく
紹介していきますので、お楽しみに。





さて、私は誰かと言うと
劇団の総括の片腕と脚本業と
あとその他いろいろなところに
いろいろと顔を出す予定の者です。
何かよく分からないですが。

旗揚げ公演の脚本の進捗状況としては、
うーん。
今月中になんとなく全景を拝みたい。
というところです。

大学時代から脚本を書くことに
執着してきましたが、
冊数をこなす度に、気持ちと言葉が
だんだん上手くシンクロするように
なってきました。良い兆候です。

■ものを書くこと。
=もやもやに、明確な形を与えること。
=自分の中のもやもやに気付くこと。
=はっとすること。

そんな訳で、私にとってものを書くことは
「はっとすること」です。

素敵な作品をお届けします。
・・・って、こんな感じで自分の
首を柔く絞めつつ頑張ります(笑)

それでは。


カズ

2008/09/04 (Thu) 21:21
そののちの、はじまり。

劇団ソノノチは、
2008年6月29日に結成された社会人劇団です。
(つい最近生まれたばかりです。)

物も人も、表現も
時系列上にどんどん並んでいく。
その後へ、その後へ、繋がっていく。
そんなイメージでつけた名前です。

2009年、9月の旗揚げ公演に向けて
どんどん準備を進めています。


まだ、目に見える物はないんですが
縁あってこのブログに通りかかって下さった皆さん、
どうか、期待してくださいね!!

…5年後、どうなってるかな?


カズ

| ホーム |

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。