最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/08/29 (Mon) 22:52
ピカソを知らない画家

おこんばんわ。中谷です。

最近舞台を沢山観に行ってます。
やっぱりね、演劇やるなら演劇観ないと、
と思ってね。当たり前のことなんですが
あえて立ち戻ってみたんです。

ピカソ知らなくても画家になれるし
ビートルズ知らなくてもミュージシャンになれるけど。

自分の表現との差分はなにか、自分にしか
出せないものなんてあるんだろうか。
相対的に自分の表現をはかるために、今ある
ものを観とくべきと思いますよ。
そうじゃなきゃ、自分の表現に本当に価値が
あるのか分からないし、良い意味で、引き際も
分からんしね。

さっき「今あるもの」って書いたのは、芝居は
生ものだからです。
今の状態のものは、今しか見れないからです。

だって、60年後もピカソは見れるけど、
ソノノチの舞台は見れないかもしれないぞ!?





「新しい演劇ってなんだろう。」

「大体のものがもうこの世に出尽くしてるんです
よね。新しいとされるのは、進歩した技術に即
した表現のみです。」

「進歩した技術?」

「ロボット演劇のような、過去の技術力では
叶わなかったものです。」

「なるほど。ではそれらを除くと、もはや
私が作らなくても、もう誰かが同じようなものを
作れるんだな。」

「そうですね。」

「よし、私はもうやめる。そして演劇の良さを
分かりやすく伝える仕事をする!」

作り出すのか、伝え残す人になるのか。
創始者になるのか、宣教師になるのか。
私はどっちにも同じように価値を感じる。

まあ、こんなとこで一人書いててもなんです
のでこんなところで。
髪切りました。


カズ
スポンサーサイト

テーマ : 演劇 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2011/08/24 (Wed) 23:12
なつかしのあなたは…

涼しくなったと思いきや、残暑がきびしいそうですね!
残暑バッチコイ!
ヒガです!

今、劇団ソノノチ物販部では、百万遍の手作り市への出店を目標に活動をしています!
みんなでもくもくと企画・サンプルを作っています。
私も物販部のはしくれでして…こんなん作ってみました。
okaeri
ウムムムム!!
見るとやるとじゃ大違い!
本当はかわいいかわいい刺繍ワッペンになるはずだったのに…なんじゃこりゃ?
びみょー!すごくびみょ!!

でも大丈夫です。
他の物販部メンバーの作るやつはナイスクオリティですから!
私もなんとか出店までに腕を磨こうと思います!

お楽しみに…

2011/08/17 (Wed) 20:30
写真の手乗り文鳥はブログの内容とは全然関係無いよ。名前は「せなか」。友達に飼われているいわゆるペットってやつさ。

110614_1223~01

こんばんは!
超がつくほどお久しぶりの脇田です。

先月はピンク地底人、そして来月は色々あって劇団しようよに出演させて頂くことになり、和歌山と大阪と京都をもう行ったり来たりしています。

そんな劇団しようよの本番も、残す所2週間とちょっぴりで、皆の意識もあって、稽古場には常に緊張感が漂っています。


劇団しようよの大原君とは、劇団テフノロGとで共演し、劇弾ジャスティスアーミーにも何度か誘って頂き、気が付けば出会って4年程経っていまして、いつからか互いに気の置けない仲になっていました。
そうもなってくると、公演の度に、稽古も終盤にさしかかった頃に一度は険悪な雰囲気になっていました。
まあ毎日顔を稽古場で突き合わせますし、それぞれ演出や演技の壁にぶつかることもあって、すると、語気も強くなったりして、イラ~っとした雰囲気で演出・演技についての意見交換をすることがあったわけですね。
まあそれぞれが作品制作に対して真摯に向き合っている証拠なのでしょう。

まあ、残りの2週間以内にそれがあるのか無いのか、大原も僕も、「いつも一回は喧嘩するよな~(笑)」程度にしか思ってないので、どっちに転んでも面白いので、稽古とは関係無しに、個人的にニヤニヤしていたりします。


ソノノチからは比嘉さんも出演していますし、というか僕達はペアの役になっていますので、稽古場ではよくソノノチ組なんて言われたりします。
しかし、演出大原君からは、「二人で演技させても一切ソノノチの演技にならないよね(笑)」なんて評されています。良いのか悪いのか。

まあ、演出のチャレンジしたいことや、見せ方がソノノチとはまた違った雰囲気があって、個人的にも「あ、このシーンの見せ方面白い」なんて思うことも多々あって、最終的に良いものが出来上がると思っています。


そんな劇団しようよの公演、皆様もしお時間ありましたら、ご観劇下さいますようよろしくお願い致します。

以下、公演情報

************


劇団しようよvol.2

アトリエ劇研協力公演
『茶摘み』

策・演出 大原渉平
音楽 吉見拓哉

【日時】
2011月9月2日・3日・4日

2日(金) 19:00~
3日(土) 15:00~ / 19:00~
4日(日) 15:00~

開場は開演の30分前


【会場】
アトリエ劇研


【出演】
大原 渉平
宗岡 ルリ
渡邉C憲明(十中連合)
比嘉花恵(劇団ソノノチ)
脇田 友(劇団ソノノチ)


【観劇料金】
一般 前売1300円 / 当日1500円
学生 前売1000円 / 当日1300円


【チケットお問い合わせ方法】

●WEBサイトで予約
http://481engine.com/rsrv/webform.php?sh=2&d=97fcb64b51

●Eメールで予約
gkd_444@yahoo.co.jp
氏名・観劇希望日・ご予約枚数・当日連絡のつく電話番号を必ずお知らせください。

●電話での予約
090-9191-4971(担当 稲垣)

●当日券の購入


【アフターイベント開催!】
本公演終了後、アフターイベントを開催いたします!

●2日(金)19:00
●3日(土)15:00
●3日(土)19:00
●4日(日)15:00 劇団しようよ4のつく日のパフォーマンス『ガールズ、遠く』

※ 2日と3日にはアフタートークを予定していますが、未定な部分もまだありますので、決まり次第更新していきます。

************

テーマ : 演劇 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2011/08/11 (Thu) 13:03
た~まや~

hanabi__.jpg


どうも!こんにちは!
とっても久しぶりの 廣瀬です!

一昨日、地元で花火大会がありました☆
夏ですね~!
見には行けなかったのですが、
帰りの道すがら ちょうど終わりの方がうち上がっていたので
パシャッとしてみたのですが・・・
全然上手くとれませんでした!
うん、やっぱり生でみるのが一番ですね。

そう!夏!生!といえば・・・
もうすぐ私、廣瀬が客演で出演させていただきます
劇団ZTONの、『ZTON学園 夏期教室』が
間近に迫ってきました!!


『ZTON学園 夏期教室』は公演やワークショップが
盛りだくさんの企画になっていて、
私は、公演A 「七人の部長」に出演します。
初の高校生役です!
高校生ってどんなノリかな、どんな雰囲気かなとか
思い思いに考えすり合わせていっています。

初の客演に、どぎまぎ、稽古も大詰めです!
最初はどんな人たちだろう・・・と思っていた
ZTONのみなさんたち。
同世代のみなさんはとってもやさしい人ばかりで、
お芝居に真剣!
すごく刺激になります。
もっと考えなきゃなぁ~と思わされることも多々あり、
新しい出会いにいろんな発見。

そんなみなさんとの呼吸を感じながら、
空気感、会話を楽しむように
舞台に立てたらと思います。


☆劇団ZTON舞台芸術推進プログラム☆
「ZTON学園 夏期教室」
2011年8月18日(木)~8月21日(日)
@東山青少年活動センター創造活動室


是非、夏の京都に 遊びにきて下さい!


2011/08/08 (Mon) 00:39
夏休みの宿題

最近は夏休みのアニメの再放送とかやらないらしいですね。
あとラジオ体操も土日祝はお休みらしいですね。
なんだか切なくなります。

どうも、山口です。

小学校のころは工作の宿題とかありましたが、
ソノノチ物販部、ただいまそんな感じです!!

ソノノチはモノづくりする劇団ですので、前々から物販を強化しようと言う意見が出ておりました。
そこで、2011年秋にちょっと公演とは違った形で動き出してみようと考えています!!

詳細は追ってご報告します…こうご期待です!!


その秋に向けて構想を練ったりだとか、試作を作ったりだとか、実際の商品を作ったりだとか、
やらなければならない事は盛りだくさんです。


ただの工作ならば自分の好きなものを作って先生に提出すれば完了なのですが、
物販物となるとお客様の手元に届くまで、いや、むしろ届いてからがスタートみたいなもので…
それまでの下準備がほんと、一筋縄ではいかない気配ですね。

それが面白いのですが!


たまたま昨日、ペンハリガンと言う香水のブランドの特集をテレビでやっていたのを見ました。
「すごい老舗」「瓶がすごくかわいい」という認識しかなかったのですが、
プロモーションの仕方やモノづくりに対する理念みたいなものが今やっていることとリンクしていてとても興味深かったです。

「築き上げられたブランドの楚があるからこそ、新しい感性で冒険することができる」みたいなことを言っていたような…


ソノノチはまだまだ模索中な部分もありますが、お芝居を軸にしていろんな方向へ枝を伸ばして行けたら素敵だなと!!
思っている次第です。

2011/08/06 (Sat) 21:16
届きましたでしょうか?

はい!ソノノチデザイン、ほっかいです。(←あ、これは電話に出てるシチュエーションイメージなのですよ)
夏夏夏!夏のピークをまさに迎えようとしているかんじがします。

先日のブログにかきましたちょっとした「夏のおくりもの」届きましたでしょうか。
暑中見舞いのハガキをお客様にお送りさせていただきました。
最近、暑さが勢いを増してきつつありますが、ほんの少しでも涼しさをお届けできたら…と思います。

私は、暑中見舞いをもそもそ書き始めると、気づいたら時期を過ぎてて残暑見舞いに書き直さなくちゃいけなかったり…と書くのは苦手なのですが、やっぱりこの夏まっさかりの時期にもらえると、あぁ夏なんだなーって嬉しくなってしまいます。
なので、今回はビュンビュン作業を進めて、この時期に届くように!と団員みんなで準備しました。
写真も氷がとけるのとの戦いで連写しまくってました。

***

ブログの告知や暑中見舞いにもありますように、8月中旬から9月初旬にかけて役者たちが他劇団さまに出演させていただいております。ぜひぜひおこし下さい。いつもとは違う一面が見られるやも?
私もとても楽しみです!

***

2011_summer.jpg ←クリックで拡大できます。

2011/08/05 (Fri) 17:18
涼子ちゃんの夢

中谷です。
最近仕事から帰って、深夜にこつこつと脚本を書いて
いるのですが、そこに書いたことが夢に出てくることが
よくあります。
例えばつい昨日で言うと、同窓会のシーンを書いていて、
その光景を夢に見ました。

再会を喜び合う同窓生らしき人々。らしき、と書いたのは、
同窓会というのに私自身はそこに居合わせた誰の顔も一人
としてわからず、他人の輪に一人で迷い込んだようになって
いるからです。
私は、自分がこの場違いな空間にいることに少しの快適さ
もなく、手元にあったビールを延々と飲み続けます。

顔を上げると、一人の女性が対面に座っていました。
顔つきが広末涼子に似ていたので、私は勝手に「涼子ちゃん」
と呼ぶことにしました。
「かずちゃん、うちのこと覚えてる?」
もちろん覚えていません。
「ううん、ごめん。なんやっけ。」
「そうなんや、ほんまにそうなんや。」

・・・え?
何かを確かめるような言い方。すごく引っかかります。

「そうなんや、ってなに?」
「いや、なんでもないねん。」
「そう。」
涼子ちゃんはこれまで私に向けていた興味をすっと
失ったように、席を離れます。
私はおもむろに、そばにあった割り箸を涼子ちゃんの
背中に投げつけます。しかしそれは命中することなく、
なぜかくるくる回りながら部屋のすみの排気口のような
穴に吸い込まれていきました。穴の向こうは真っ暗でした。

こんなに居心地の悪い同窓会は初めてでした。
おそらくですが、私は記憶喪失という設定だったようです。


というわけで、次の作品がこんな感じになりませんように。


カズ

テーマ : 演劇・劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

| ホーム |

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。