最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/06/25 (Mon) 13:17
ソノノチ、団員募集をする

三代目米づくりという飲料をコンビニで買いました。
中谷です。私は三代目ではありません。

第五回公演「ものがたりの書き物」が終わって、
しばらくソノノチのみんなは静かでした。
ひっそりとミーティングをしたり、ミーティングをしたり、
観劇に行ったり、ミーティングをしたりしていました。

しかしこの度、劇団ソノノチは11月のロングラン公演に
向けて、新たに劇団員を募集することになりました。
人数は特に決めていません。ここ1年でメンバーが
減って来たので戦力の増員をはかるのは勿論ですが、
ようやく自分が代表として劇団員をどのように導いて
いくかっていうことを、現団員や辞めていった団員や
諸先輩方のおかげでようやく考えられるところまで来た
ので、その考えを共有できる人がいるなら、ぜひ仲間
を増やそうと思いました。

劇団ソノノチは、プロデュースユニットとは違う形を、
あえて選んできました。私のわがままです。
大きな理由は二つあります。

一つ目は、複数人が集まって自分たちのものづくりの
スタンスを考え、試し、価値観をすりあわせていく作業をし、
その上澄みをすくっていくというか、集団の質を向上させて
いくためには、一回こっきりのユニットよりも、継続的に
同じメンバーと向き合い続ける劇団という形式にする方が
自分には適切だと思ったからです。

二つ目の理由は、ホームを作りたいからです。
自分の立ち位置がはっきりしているからこそまわりと比べ
る事ができるし、相対的な位置が分かるのだと思います。
劇団の看板を背負う、というのはフリーランスな活動とは
少し違う種類の責任感と結束感がありました(これまでが
そうでした)。
そして、ホームがあると代名詞が増えるので、覚えてもらう
のに得なことが多いです。
※個人的な感じ方の違いはありますが「中谷さん」でも
「ソノノチ代表の人」でも、指しているのは演劇をしている
人としての私なので、覚え易い方で覚えてもらえればそれで
いい訳です。

まあ、そんなこんなで団員募集の話に戻りますが、
劇団結成時以来の、本格的?な募集になるので、私自身は
なんだかどきどきしています。情報はウェブサイトの更新と
一緒のタイミングで公開したいと思います。
今回もほっかいさんが、魂込めて作ったチラシがいろんな
ところで見れると思います。お楽しみに。どんなチラシか
気になって仕方のない方のためにヒントを出しましょうか。

ヒント:黄色いです。

さて、どんな出会いがあるかしら。

カズ
スポンサーサイト

テーマ : 演劇・劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

<< 劇団ソノノチ 団員募集要項 | ホーム | 第五回公演終了しました >>

コメント

私も今学校で演劇部なんで
いつかはって思っているけど、、。
やっぱり大学に行かないと親も
そう思っているし、、
劇団員の方って高卒なのか大卒が多いのか
どっちなんですかねー

お久しぶりです

引っ越しと育児でバタバタしておりました。
ロングラン公演ですか!
皆体に気をつけて頑張ってね。
ソノノチワールド、突っ走ってね!!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。